文字サイズ
    小説や映画、詩や歌に残された作家たちの名言。その舞台となった土地をたずね、言葉が生まれた物語や背景、今を生きる人々の記憶を紹介します。

    相田みつを「しあわせはいつも じぶんの…」

    人間の本来的なありよう

    しあわせはいつも じぶんのこころがきめる(『しあわせはいつも』より)

    • 散歩に、あるいは趣味の釣りに、相田みつをは渡良瀬川をよく訪れた。早朝の川面に、雲一つない青空が映り込んでいた(栃木県足利市で)
      散歩に、あるいは趣味の釣りに、相田みつをは渡良瀬川をよく訪れた。早朝の川面に、雲一つない青空が映り込んでいた(栃木県足利市で)

     人生で後悔することは何ひとつない。

     そう思って歩んできたが、ふとした拍子に世間の目が気になることがある。そんな時、人間の心や命を問い続けた相田みつを(1924~91年)のこの言葉と書が、記者の心に優しくも力強く語りかけてくる。

     「父にしか書けなかった最も激しく美しい言葉。みつをの一生が凝縮されていると思います」。相田の長男で相田みつを美術館館長の相田一人かずひとさん(59)は、そう話す。

     相田は旧制栃木県立足利中学校を卒業後から短歌と仏法を学び、19歳で書家を志して岩沢渓石けいせきの弟子となり、書の修業を積んだ。関東短期大学夜間部国文科を卒業した翌年、30歳で毎日書道展に初入選し、技巧派の書家として頭角を現した。

     しかし、時を同じくして、「技術だけでは、人を感心させられても、感動させることはできない」という信念のもと、自らの平易な言葉を独特の書体で書く作風に入っていく。相田は晩年、自身の作品集で「私は書という形式を借りて、人間としての本来的なありよう、本当の生き方を語っているだけ」と述べている。

     創作への執念はすさまじかった。結婚後10年余り足利市内に間借りしていた自宅では、家族4人は8畳一間暮らしのつましい生活の一方、自分は最高級の道具を用い、30畳のアトリエで筆を執らない日はなく、反故ほごの山は天井に迫るほどだったという。

    • 動画は写真をクリック
      動画は写真をクリック

     相田の従来にない作風は書、詩ともに長らく評価されることはなく、ろうけつ染めや包装紙デザインで生計を立てていた。全国各地で個展を開いていたものの、広く知られるようになるきっかけとなった、初の作品集「にんげんだもの」の出版は還暦の時。その7年後、67歳で脳内出血により急逝する。創作者としては苦難多き道のりであった。

     相田と交流のあった書家の尾花おばな也生やよいさん(75)は、「相田先生は書道界の『権威』を嫌い、肩書を持たずに創作に命を懸けられた。周りからどう思われようと、幸せな生涯だったのではないでしょうか」と話す。

     裸の人間として創作に向き合ったからこそ、これほどまでに数多あまたの心に響くのかもしれない。(文・奥田祥子 写真・田中成浩)

    『しあわせはいつも』
     相田みつをが亡くなる1年前の1990年に完成させた書の題。実物作品は縦47センチ、横68センチ。95年、文化出版局から同タイトルの作品集が刊行された。
     この文言は30歳前後から書き始め、仮名遣いや書体、レイアウトを少しずつ変えながら書き続けた。当初は「自分」「心」が漢字で、50歳代に入ると「じぶん」が平仮名に、最終段階ですべて平仮名となった。「相田みつを ザ・べスト しあわせはいつも」(角川文庫)などにも収録されている。

     続きは「読売プレミアム」で
     http://premium.yomiuri.co.jp/pc/

    2014年12月22日 09時30分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄
    PR情報
    大手町モール
    ブランディア
    アーカイブ