文字サイズ
    小説や映画、詩や歌に残された作家たちの名言。その舞台となった土地をたずね、言葉が生まれた物語や背景、今を生きる人々の記憶を紹介します。

    石川啄木「こころよく 我にはたらく仕事あれ」

    心の叫び最後を支えた歌

    こころよく 我にはたらく仕事あれ
    それを仕遂げて死なむと思ふ(石川啄木「一握の砂」1910年)

    • 夕日が雲に隠れると、岩手山を望む雪原に柔らかな影ができた(盛岡市で)
      夕日が雲に隠れると、岩手山を望む雪原に柔らかな影ができた(盛岡市で)

     26年2か月。啄木の短い生涯は、仕事との格闘の連続だった。20歳で故郷・岩手県の渋民村(現・盛岡市)に戻り、母校の小学校で「日本一の代用教員」を目指すが、熱しやすく冷めやすい啄木は1年後に北海道に渡り、函館、札幌、小樽、釧路を漂泊。新聞記者としてペンを振るうが、残ったのは借金と失意だった。

     そこで22歳の春、妻子を残し、小説家たらんとの大望を胸に単身上京する。が、待っていたのは再びの挫折。小説は没の連続で、ほとんど金にならず、生活も荒れ果てた。

     10代から親しんだ歌が噴出したのは、そんなどん底にあった1908年の6月23日である。初日は<につたふなみだのごはず一握の砂を示しし人を忘れず>など55首。24日は<東海の小島の磯の白砂にわれ泣きぬれてかにとたはむる>など50首。3日目25日には<たはむれに母を背負ひてそのあまりかろきに泣きて三歩あゆまず>など141首。失意、借金苦、大志……歌らしい歌にしようなどという構えはかなぐり捨て、刹那刹那の思いを五七五七七にぶつけ、苦悩をまぎらせた。歌は「小生の遊戯なり」という言葉を残した啄木にとって、歌は仕事というより心の叫びだった。

    • 動画は写真をクリック
      動画は写真をクリック

     <こころよく我にはたらく仕事あれ……>と歌った10年春には、病苦と貧乏にさらに苦しみ、第一歌集「一握の砂」を出版したのは「主として経済上の理由」である。歌集の題は当初「仕事ののち」だった。

     出版に際して一首を三行書きに改め、さらさらとこぼれ落ちる砂のようにはかない人生への思いを飾らず詠んだ歌集は一部で評価されたが、刊行から2年後、薬代さえ払えぬ貧困にあえぎながら世を去った。晩年の作は痛切だ。<呼吸いきすれば、 胸のうちにて鳴る音あり。 こがらしよりもさびしきその音!>

     石川啄木記念館の森義真館長(64)は、「人生の最後、他の仕事が出来なくなってからようやく啄木は、歌をわが思いを託するに足る文学と思ったのではないか」と語る。没後に出た歌集の表題「悲しき玩具」は、生前の随想「歌のいろいろ」にある文章をもとに友人が命名した。

     <歌は私の悲しい玩具おもちゃである>

    (文・鵜飼哲夫 写真・吉岡毅)

    石川啄木
     1886年(明治19年)岩手県生まれ。渋民尋常小時代は「神童」と呼ばれ、名門・旧制盛岡中に進学。上級生の野村長一(作家野村胡堂)、金田一京助(アイヌ学者)らと出会い文学に開眼。与謝野鉄幹・晶子の「明星」に歌が掲載された。中学中退後、19歳で詩集「あこがれ」を刊行。その後は、放浪と病苦、貧苦にあえぎ、生前の歌集は500部刷った「一握の砂」のみ。1912年、肺結核で死去。評論にもすぐれ、没後に「時代閉塞の現状」が発表された。本文中の歌の表記は「一握の砂・悲しき玩具」(新潮文庫)より。

     続きは「読売プレミアム」で
     http://premium.yomiuri.co.jp/pc/

    2018年03月25日 09時30分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    大手町モールのおすすめ
    帆布鞄
    PR情報
    大手町モール
    ブランディア
    アーカイブ