文字サイズ
    上

    神だった男たち~国府宮はだか祭

     「国府宮(こうのみや)はだか祭(まつり)」として知られる稲沢市の尾張大國霊(おおくにたま)神社(国府宮)の儺追(なおい)神事が20日に行われる。この祭りの主役は、下帯姿の裸男たちが一斉に殺到する「神男(しんおとこ)」だ。一年に一度、一人だけ普通の男が「神」になり、静かな町の風景が一変する。過去に神男となった3人の物語をつづる。
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て