文字サイズ

    「リニア開業早く」…中部圏知事ら提言

     中部圏9県の知事と名古屋市長で構成する「中部圏知事会議」が11日、岐阜県各務原市の岐阜かかみがはら航空宇宙博物館で開かれ、高規格幹線道路の整備や、リニア中央新幹線の一日も早い全線開業など、16件の国への提言をまとめた。

     この日は大村秀章知事、河村たかし名古屋市長を始め、岐阜、静岡、福井県の知事と、富山、石川、長野、滋賀県の副知事が出席。会議前には3月に改装オープンした同館を視察した。

     提言では、「国土の均衡な発展に不可欠」として北陸新幹線金沢―敦賀間の早期全線整備、地域の実情に応じた認知症高齢者らを支える態勢づくりといった認知症施策の推進が新たに追加された。提言は近く担当する各省に提出される。

    2018年06月14日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て