文字サイズ

    豪雨1か月 水害への備え

     県内を襲った豪雨の降り始めから22日で1か月になる。雄物川や多数の中小河川が氾濫し、住宅被害2200棟超、道路などの土木施設や農林関連の被害額が計226億円に上るなど甚大な被害を受けた。死者こそいなかったものの、なぜ被害が広がったのか、どう備えていけばいいのか。現状と課題を探る。
    これより前の記事は、サイト内検索をご利用ください。時間の経過した記事は閲覧できない場合もあります。
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て