文字サイズ

    岐路の稲作

     本県の農畜産物ではリンゴに次ぐ産出額ながら、ブランド化に遅れた県産米。環太平洋経済連携協定(TPP)参加で778%の関税が下がれば大打撃を受ける恐れがある。岐路に立つ本県のコメ作りの課題を分析する。
    これより前の記事は、サイト内検索をご利用ください。時間の経過した記事は閲覧できない場合もあります。
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て