文字サイズ

    黒石市の課題

     
    • ワールドカップに合わせて作られた青いダルマの色づけ作業をするこけし工人の阿保六知秀さん(5日、黒石市花巻の阿保こけしやで) 資源を活用官民一体で(2014年06月15日)

       黒石市花巻の「阿保こけしや」の工房には、こけし工人の阿保六知秀さん(64)の作った製品の数々や、出荷を待つこけしが所狭しと並ぶ。伝統的な色彩の津軽系こけしが並ぶ中、ひときわ目を引くのが、サッカーワールドカップに合わせて作った青のダルマだ。8年前、「ワールドカップの応援用に」と頼まれて作り始め、日本代表がベスト16まで勝ち進んだ前回南アフリカ大会時には約200個が売れた。 [全文へ]

    • 市民の文化活動の拠点だった市民文化会館の再開を求める声は多い 合理化徹底再建の兆し(2014年06月14日)
    これより前の記事は、サイト内検索をご利用ください。時間の経過した記事は閲覧できない場合もあります。
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て