文字サイズ

    ルパン50年

     高度経済成長期まっただ中の1967年7月、後に国民的なヒーローとなる漫画の主人公が産声を上げた。「ルパン三世」。異国情緒漂う画風、そして、作者の名前は国籍不明のモンキー・パンチ。謎めいた演出でスターダムにのし上がった漫画家の正体は、佐倉市在住の加藤一彦(80)。連載開始から50年、加藤とルパンの物語を紡ぐ。
    これより前の記事は、サイト内検索をご利用ください。時間の経過した記事は閲覧できない場合もあります。
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て