文字サイズ

    子羊バケツにすっぽり…マザー牧場

    • 子羊の重さを量るスタッフ。かわいらしさが人気を呼んでいる(富津市のマザー牧場で)
      子羊の重さを量るスタッフ。かわいらしさが人気を呼んでいる(富津市のマザー牧場で)

     富津市田倉のマザー牧場で、羊の出産シーズンが始まった。3月30日まで一般公開されている羊舎では、生まれたばかりの子羊が「メェー」と鳴きながら母親にじゃれる姿を間近に見ることができる。

     同牧場では約600匹の羊を飼育しており、今年は先月31日に体重約5キロの雌が誕生。10日には計5匹、11日も午後5時までに計5匹が生まれるなど出産ラッシュが続いている。3月末までにさらに約50匹が誕生する見込みという。

     スタッフが子羊をバケツに入れて重さを量り、来場者に披露するイベントが今月18日までの土日と祝日に行われており、元気が良すぎてバケツごと落ちてしまう子羊もいる。

     24日~4月22日には、来場者が子羊に触れながら記念撮影することもできる。問い合わせは同牧場(0439・37・3211)。

    2018年02月12日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て