文字サイズ

    卓球日本一篠原さん かがやき松山大賞

     松山市は6日、卓球の全国大会で優勝した市立桑原小4年、篠原夢空ゆらさん(10)に、かがやき松山大賞を贈った。篠原さんは「将来は(胸に)日の丸をつけ、世界で活躍したい」と夢を語った。

     篠原さんは昨年7月、神戸市内で開かれた「全農杯全日本卓球選手権大会」のカブ(小学4年生以下)女子シングルスで、188人の頂点に立った。

     市役所で行われた表彰式で、野志克仁市長が篠原さんに表彰状を手渡し、「大きな夢を持って羽ばたいてください」と激励。篠原さんは「前回、前々回の大会はベスト16で悔しかったので、1位になれてうれしかった」と喜んだ。篠原さんは、兄や姉の影響で5歳から卓球を始め、現在は松山卓球教室(松山市)で週に6日、練習している。

    2017年01月07日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て