文字サイズ

    「ふくちのち」オープン 

    • テープカットをして開館を祝う関係者ら
      テープカットをして開館を祝う関係者ら

     福智町図書館・歴史資料館「ふくちのち」が19日、同町赤池にオープンし、記念のセレモニーやイベントが開かれた。

     同館玄関前で行われたセレモニーでは、嶋野勝町長が「子育て世代の母親、子どもたち、高齢者が自分の場所を見つけることができるよう、本、人、自分との出会いの場にしたい」とあいさつ。鳥越美奈館長は「開館を迎えたが、完璧とはいえない面があるかもしれない。これから皆さまと一緒に、充実したものにしていきたい」と述べ、関係者のテープカットで開館を祝った。

     町役場の旧赤池支所を改修した同館は、鉄筋2階建てで、延べ床面積約3580平方メートル。館内ではこの日、町立金田中の吹奏楽部による演奏や、漫画「クッキングパパ」の作者・うえやまとちさんによるバンド演奏とトークがあり、開館に花を添えた。同館前の広場では熱気球の係留飛行といったイベントも行われた。

     開館時間は午前10時~午後7時で、原則として毎月1日と火曜が休館。20日は記念式典などのため臨時休館し、21日は開館する。

     問い合わせは同館(0947・28・2855)へ。

    2017年03月20日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て