文字サイズ

    ボランティアバス運行 福岡市

     福岡市は12日、同市社会福祉協議会と共同で、九州北部豪雨の被災地へ向かうボランティアバスを週1回、運行すると発表した。初日は18日で、その後はボランティアが少ない平日に運行し、継続的な支援を目指す。

     運行は原則金曜で、12月末までの予定。行き先は朝倉市と大分県日田市で、被災家屋で家財道具の搬出や床下の泥出しなどを行う。

     福岡市は7月28日と8月4日にも運行したが、今もボランティアが必要とされているため、継続的に運行することにした。午前8時に同市役所を出発、午後5時半に同市役所で解散する日程で、天候などによって変更、中止する場合もある。

     対象は20歳以上で、定員は各回20~40人(先着順)。参加費1000円。各自でボランティア活動保険に加入する必要がある。問い合わせは市市民公益活動推進課(092・711・4283)へ。

    2017年09月13日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て