文字サイズ

    桑田さんが稲刈り 豊前

    • 稲を刈り取り、笑顔を見せる桑田さん
      稲を刈り取り、笑顔を見せる桑田さん

     元巨人軍投手の桑田真澄さん(49)が13日、豊前市の田んぼで稲刈りをした。

     桑田さんは長く親交がある豊前市出身の整体師、松田保雄さん(69)(愛知県尾張旭市)の紹介で、2010年から毎年、豊前市などで稲作を体験。田植えや稲刈りだけでなく、生育状況を確認するため、しばしば現地を訪問している。

     収穫した米は、「真澄が心を込めて作った米」という意味を込めて「真心米」と名付け、東日本大震災や熊本地震の被災地へ届けるなどしているという。

     13日は、松田さんの知人の田んぼ(30アール)で、稲刈り機に乗って収穫作業に汗を流した。桑田さんは「米作りを通して、選手の育成にも時間や愛情、情熱が必要だと学んできた。収穫した米は、野球教室などで配りたい」と話していた。

    2017年09月14日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て