文字サイズ

    くぼて路の豪華ひな人形 来月25日まで豊前

    • はりの上に並んだひな人形
      はりの上に並んだひな人形

     「くぼて路おひなまつり」が、豊前市の岩屋活性化センターなどで開かれている。段飾りができないひな人形をセンターの出入り口やホールのはりに並べるなど工夫を凝らして展示している。3月25日まで。

     市内にある求菩提資料館で2008年から開かれている企画展「おひなまつり」の関連行事として、一昨年から始まった。資料館は現在改修中のため、今年の企画展は3月1~25日に開催される。

     同センターでは、資料館が所蔵したり、地元住民から借り受けたりしたひな人形を展示。7段飾りを中心に、御殿飾りのひな人形など1950年代から現在までの約350体が並ぶ。期間中は来場者に桜茶を無料で振る舞うという。

     センター内にある岩屋公民館の奥本隆己館長は「地元に残る豪華なひな飾りを見てゆっくり過ごしてほしい」と話している。

     入場無料。土日祝日は休館。午前9時~午後3時。問い合わせは岩屋活性化センター(0979・88・2002)へ。

    2018年02月13日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て