文字サイズ
    

    先駆者 今西錦司

     生態学者として独自の進化論を打ち立て、日本の霊長類学の礎を築いた文化勲章受章者・今西錦司(1902~92年)が死去して、15日で四半世紀となる。登山家、探検家としても世界に名をはせた今西は、50年前の1967年から6年間、岐阜大学の学長を務め、大学やこの地にも多くの遺産を残した。先駆者・今西の足跡を3回にわけてたどる。(茶山瞭)
    これより前の記事は、サイト内検索をご利用ください。時間の経過した記事は閲覧できない場合もあります。
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て