文字サイズ

    信長史料 国内外から…岐阜で特別展

    ポルトガル大使「意義深い」

    • 表敬訪問したエステヴェス駐日大使(左)と細江市長(右)
      表敬訪問したエステヴェス駐日大使(左)と細江市長(右)

     織田信長や戦国時代の史料を国内外から集めた特別展「Gifu信長展―もてなし人信長!?知られざる素顔」が、岐阜市の市歴史博物館で14日から始まる。13日には、史料を提供してくれたポルトガルの駐日大使が、細江茂光市長を表敬訪問した。

     特別展は、信長の岐阜城入城450年を記念し、市などが展開する信長公450プロジェクトの一環。国宝の上杉謙信宛て信長書状や重要文化財の信長像、ポルトガルからは、宣教師フランシスコ・ザビエルの書簡などが出展される。書簡は日本初公開。

     細江市長は「ポルトガルとの草の根交流を深め、信長を世界に発信していきたい」と話し、訪れたフランシスコ・シャヴィエル・エステヴェス大使は「私たちが日本を勉強しようとすると、信長あたりの時代からになる。今回の特別展は非常に意義深いものだ」と応じた。

     特別展は、史料を入れ替えながら8月20日まで開催。高校生以上1000円。小中学生は500円。

    2017年07月14日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て