文字サイズ

    ファナック新工場 来年完成へ起工式…筑西市

     筑西市で12日、産業用ロボットメーカー「ファナック」(山梨県忍野村)の新工場の起工式が行われた。28・7ヘクタールの敷地に「ロボット」「機械加工」の新工場2棟と社員住宅が建設される。2018年5月の完成を目指す。

     ロボット工場は最大で月4000台の生産能力がある。同社は将来的に本社工場と合わせてロボット生産を月1万1000台に増強する予定という。地元での雇用も最終的に600人規模となる見通し。

     市内では既に同社の2工場が稼働しており、起工式で稲葉善治会長は「3度目の大きな設備投資で、当社とともに県や筑西市の発展にもつながると信じる」とあいさつ。橋本知事や須藤茂市長も出席し、一緒にくわ入れなどを行った。

    2017年07月13日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て