文字サイズ

    70メートル超いなり…笠間稲荷神社

    • いなりずしを作る人たち=加藤遼也撮影
      いなりずしを作る人たち=加藤遼也撮影

     長さ70メートル超のいなりずしが11日、笠間市の笠間稲荷神社で作られた。

     主催は、まちおこし団体「笠間いなり寿司いな吉会」。酢飯の代わりにそばを使う同市の「そばいなりずし」をPRするため、参道に油揚げ1000枚と30キロのそばを持ち込み、市民ら200人超が73・85メートルの特大いなりを完成させた。

     同会代表の菅井敏幸さん(52)は「今年で11回目。史上最長になった」と話した。

    2018年02月12日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て