文字サイズ
    大槌町旧庁舎 〈1〉

    保存か解体か~旧大槌町庁舎をめぐって~

     東日本大震災で多くの職員が犠牲となった大槌町の旧役場庁舎。一部保存が検討されていたが、8月の町長選で解体を公約に掲げた平野公三町長が初当選し、保存か解体かについて近く結論を出す。被災した建物の多くが姿を消した今、その行方が注視されている旧役場庁舎について、関係者に考えを語ってもらう。
    これより前の記事は、サイト内検索をご利用ください。時間の経過した記事は閲覧できない場合もあります。
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て