文字サイズ

    震災5年 医療はいま

     東日本大震災からまもなく5年。震災では県沿岸部の医療機関340か所のうち180か所が被災した。約40か所は廃業に追い込まれ、医師6人が死亡・行方不明となった。手薄な診療体制に拍車がかかる一方、希望の光も見えてきた被災地の医療の今を伝える。
    これより前の記事は、サイト内検索をご利用ください。時間の経過した記事は閲覧できない場合もあります。
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て