文字サイズ

    <高校野球 香川大会>丸亀 好機逃さず

    • 丸亀―藤井 6回丸亀2死満塁、北岡の右前適時打で生還し喜ぶ東山(左から2人目)と村山(左、四国Cスタ丸亀で)=伊藤孝則撮影
      丸亀―藤井 6回丸亀2死満塁、北岡の右前適時打で生還し喜ぶ東山(左から2人目)と村山(左、四国Cスタ丸亀で)=伊藤孝則撮影

     第99回全国高校野球選手権香川大会は16日、3回戦4試合が行われ、春の県大会優勝の三本松が善通寺一にコールド勝ちした。同大会3位の丸亀城西は観音寺総合に競り勝った。そのほか、丸亀、四学香川西が準々決勝進出を決めた。17日も3回戦4試合が行われる。

     ◇丸亀3―1藤井

     丸亀は六回、二死満塁で代打・北岡が2点適時打を放ち、先制。七回にも小出の犠飛で加点した。先発の東山は完投した。

     藤井は2点を追う六回、宮下の適時二塁打で1点を返したが、七回以降は安打が出ず、投手陣を援護できなかった。

     ◇丸亀城西2―1観音寺総合

     丸亀城西は1点を追う五回、浜田の適時打で同点とした。八回に二塁走者の水野が敵失で生還し、勝ち越した。大西、大前の投手リレーで、最少失点でしのいだ。

     観音寺総合は三回、三好の適時打で先制。九回も一死二、三塁と一打逆転の好機をつくったが、あと一本が出なかった。

     ◇三本松12―0善通寺一

     三本松は一回、5本の適時打で7点を取り、主導権を握った。その後も加点し、コールド勝ち。9番打者の黒田は2点本塁打を放つなど4打点の活躍だった。

     善通寺一は五回、三塁まで走者を進めたが、あと一本が出なかった。

     ◇四学香川西11―1香川中央

     四学香川西は1点を追う一回、山田の適時打などで3点を奪い逆転。鈴木の本塁打や松村の適時打などで着実に加点した。

     香川中央は一回に金本の適時二塁打で先制したが、二回以降、攻めあぐねた。

    2017年07月17日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て