文字サイズ

    タカプラ歴史に幕 閉店セレモニー

     鹿児島市千日町の「タカプラ」で12日夜、閉店セレモニーが行われた=写真=。

     営業終了後の同日午後8時過ぎ、玄関前に従業員らが整列。犬伏和章社長が「長い間、ご愛顧いただきありがとうございました」と涙ぐみながらあいさつすると、見守っていた大勢の買い物客から拍手が湧き起こった。

     建物は今夏に解体される予定だが、24日から1階部分を「天文館アフターモール」として市民に開放。一部の既存店も当面、営業を続ける。

    2018年02月14日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て