文字サイズ

    伊調選手、モノづくり体感 よみうりランド

    • 自身の手形を披露する伊調選手(20日午前、よみうりランドで)
      自身の手形を披露する伊調選手(20日午前、よみうりランドで)

     よみうりランド(東京都稲城市、川崎市多摩区)のモノづくり体感施設「グッジョバ!!」1周年を記念し、リオデジャネイロ五輪で五輪4連覇を果たした女子レスリングの伊調馨選手が20日、「一日園長」を務めた。

     一日園長のたすきを掛けた伊調選手は、銅板で作った両手の手形を来場中の家族連れらに披露した。この後、地上約5メートルのレールの上を走る「SKYパト」の金色の特別車両に乗り、「グッジョバ!!」のエリア内を巡回。ノートの製造工程をモチーフにしたゲームなどを体験した。

     伊調選手は「頭を使いながら体を動かすのはレスリングにも通じる。子供も大人も楽しめますね」と話していた。

    2017年03月21日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て