文字サイズ

    <夏の高校野球高知大会>高知商11回勝ち越し

    • 高知商―高知追手前 11回高知商1死3塁、山田の打球が失策を誘い勝ち越す(捕手・中山)(高知市野球場で)
      高知商―高知追手前 11回高知商1死3塁、山田の打球が失策を誘い勝ち越す(捕手・中山)(高知市野球場で)

     第99回全国高校野球選手権高知大会(県高野連など主催)は15日、開幕し、高知市の県立春野球場と高知市野球場で1回戦4試合が行われた。高知商は今大会初の延長戦で高知追手前を振り切り、高知工は清水・幡多農・窪川に快勝。高知南は安芸桜ケ丘をコールドで下し、高知小津は終盤の猛攻で土佐塾を突き放した。16日は1回戦6試合が行われる。

     高知商4―1高知追手前

     高知商は十一回、一塁走者が犠打と盗塁で三進し、山田の打球が敵失を誘う間に勝ち越し。黒岩、近沢の連打と犠飛でさらに2点を追加して延長戦を制した。高知追手前は六回に同点としたが、スクイズに失敗し、勝ち越せなかったのが響いた。

     

     高知工9―3清水・幡多農・窪川

     高知工は三回、小松、嶋崎、久保、沢田の4連続適時打で逆転。五回には西川の2点適時打で突き放すなど13安打で圧倒した。

     清水・幡多農・窪川は三回、3連続四球と牧野の適時打などで3点を先制したが、7失策が響きリードを守れなかった。

     ◇102球投げ抜く・・・幡多農・阿部竜投手

     10人で挑んだ清水・幡多農・窪川は、3校で唯一の3年阿部竜(幡多農)が先発。13安打9失点ながらも8回102球を投げ抜いた。

     投手が少ないため2月に内野手から転向。今まで試合で完投したことはなかったが、スライダーやカーブを織り交ぜ、打たせて取る投球を貫いた。点差があと1点開けばコールドゲームが成立したが、バックの守備にも助けられて七、八回は無失点。「チームが一体になり、最後まで投げ切れた。悔いはないです」と、涙はなかった。

    • 高知小津―土佐塾 6回高知小津1死1、3塁、地引が勝ち越しのスクイズを決める(捕手・久保田)(県立春野球場で)
      高知小津―土佐塾 6回高知小津1死1、3塁、地引が勝ち越しのスクイズを決める(捕手・久保田)(県立春野球場で)

     ◇高知小津小技決める

     高知小津7―2土佐塾

     高知小津は、同点で迎えた六回、一死一、三塁から地引のスクイズで勝ち越した。八回には、地引の3点適時三塁打と宮口の適時打で4点を奪い、突き放した。

     土佐塾は、一回と三回に1点ずつ返したが、その後は得点圏に走者を出すも、打線がつながらなかった。

     高知南8―0安芸桜ケ丘

     高知南は一回二死一、三塁、敵失の間に先制。四回には川渕の2点適時打で加点した。六回には坂元の2点適時打など打者10人の猛攻で5点を奪い、コールド勝ちした。

     安芸桜ケ丘は二回に続宗の二塁打などで二死一、三塁としたが、後続が倒れた。三回にも死球や犠打で走者を三塁まで進めたが、及ばなかった。

    2017年07月16日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て