文字サイズ

    勇壮 合戦シーン再現 和水 戦国肥後国衆まつり

    • 戦国時代の合戦を再現する参加者たち
      戦国時代の合戦を再現する参加者たち

     戦国時代の「肥後国衆くにしゅう一揆」を題材にした「戦国肥後国衆まつり」が11日、和水町の町多目的広場で開かれた。よろい武者などにふんした約70人が、勇壮な合戦絵巻を繰り広げた。

     一揆は1587年(天正15年)に起きた。豊臣秀吉の検地に反発する地元の和仁わに氏らの軍勢約1000人が、町内に城跡が残る田中城に籠城し、豊臣の軍勢約1万人に抵抗した。

     まつりは戦いの歴史を伝えようと、41回目。町民らが武者役となり、和仁、豊臣両軍に分かれて対陣。互いの鉄砲隊が砲声を響かせた後、刀やなぎなたで斬り合う合戦を再現し、和仁勢の武将が討ち取られるまでを演じた。時折、雪が舞う中、観客は拍手を送ったり、熱心に写真を撮ったりしていた。

    2018年02月12日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て