文字サイズ
     

    アスベスト京都訴訟 判決を前に

     建材用アスベスト(石綿)による健康被害を訴え、府内の元建設労働者や遺族27人が国と建材メーカー32社に総額約10億円の損害賠償を求めた「関西建設アスベスト京都訴訟」の判決が29日、地裁で言い渡される。訴訟では、国と建材メーカーの責任の有無や、個人で仕事を請け負う「一人親方」の救済の是非などが焦点となっている。判決を前に、原告の思いや石綿被害対策の現状を追った。
    これより前の記事は、サイト内検索をご利用ください。時間の経過した記事は閲覧できない場合もあります。
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て