文字サイズ

    球児の夏 きょう開幕

    開会式リハ 「先導役ビシッと」

     第99回全国高校野球選手権三重大会が14日に開幕するのを前に、四日市市の四日市球場で13日、開会式のリハーサルが行われ、野球部員ら約150人が式の進行を確認した。

     入場行進では四日市農芸や四日市南など4校の吹奏楽部が演奏し、四日市商のバトントワリング部員16人が息の合った演技を披露。先導役を務める相可の白塚雅祥選手(3年)に続き、11人の女子マネジャーが国旗や大会旗を掲げて行進した。

     2月に発症したヘルニアと闘いながら練習に励む白塚選手は「ビシッと先導役を務め、試合に出られなくても頑張っている選手がいることを伝えたい」と意気込みを語った。四日市商バトントワリング部の加藤由惟部長(3年)は「開会式にふさわしい華やかな演技ができるよう笑顔で元気よく踊りたい」と話した。

     開会式は14日午後1時から四日市球場(雨の場合は隣接する四日市ドーム)で行われ、その後、開幕試合が行われる。15日以降は津、松阪、伊勢(ダイムスタジアム伊勢)も合わせ4球場で試合が開催され、日程が順調に進めば、決勝戦は26日午後0時半から四日市球場で行われる。

    2017年07月14日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て