文字サイズ
    

    迫るG7会議

     仙台市太白区の秋保地区で5月20、21日に開催される先進7か国(G7)財務相・中央銀行総裁会議まであと1か月に迫った。各国の政府関係者約370人を受け入れる地元は、東日本大震災で受けた支援への感謝を示し、震災後に伸び悩むインバウンド(訪日外国人)増加へつなげる絶好の機会ととらえている。テロへの警戒では、県警の力も試される。関係者の思いや取り組みを探った。
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て