文字サイズ
    第2部 (1)

    独眼竜450年

     仙台藩祖・伊達政宗は、戦場を駆け巡る猛将のイメージが強いが、和歌などの芸事をたしなむ趣味人でもあった。中でもこだわっていたのが『食』。「少しも又料理心なきは拙き心なり」(少しも料理の心得がない者の心は稚拙である)という言葉も残している。そんな希代のグルメ人・政宗も口にしたであろう、宮城の食とは。
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て