文字サイズ

    女子ウェートリフティング 八木選手らが合宿

    • 宮崎での合宿について語る八木選手(左から2人目)や三宅選手(同3人目)ら
      宮崎での合宿について語る八木選手(左から2人目)や三宅選手(同3人目)ら

     米国で11月下旬に開幕するウェートリフティングの世界選手権を前に、女子の日本代表選手らが宮崎市内で合宿している。三宅義行監督や選手らが12日、河野知事を訪ね、上位入賞に向けて活躍を誓った。

     選手らは10日に宮崎入りし、23日まで滞在する予定。KIRISHIMAヤマザクラ県総合運動公園トレーニング場でバーベルを上げるなどの練習を行っている。

     12日は三宅監督のほか、リオデジャネイロ五輪で銅メダルを獲得した三宅宏実選手、世界選手権への出場が内定している八木かなえ選手らが県庁を訪れた。迎えた河野知事は「宮崎で合宿していい成績を残してもらえたら。結果を楽しみにしている」と激励した。

     八木選手は「宮崎はリゾート感があり、食べ物もおいしいのが魅力」と話し、「心身ともにピークに持っていくためにプランを組んで練習している。8位以内を目標にしており、努力が実を結べばいいなと思う」と意気込んだ。

    2017年09月13日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て