文字サイズ

    松本サリン 20年の刻

     松本市の住宅街で1994年6月27日深夜、猛毒ガス「サリン」がまかれ、8人が死亡し、約600人が重軽症を負った「松本サリン事件」は、国家転覆を妄想したオウム真理教による無差別テロだった。再び同じような凶行が繰り返されぬために、遺族や地元住民、元信者らを取材し、20年の記憶や心境をたどる。
    これより前の記事は、サイト内検索をご利用ください。時間の経過した記事は閲覧できない場合もあります。
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て