文字サイズ

    「おやま」激変 戦後最悪の噴火災害

     戦後最悪の噴火災害となった御嶽山の噴火から27日で1か月。古くから畏れ敬われ、林業や観光業を通じて麓の人々に多くの恵みをもたらしてきた「おやま」が大自然の猛威を見せつけた。不特定多数の来訪者を巻き込み、標高3067メートルの山中の捜索活動は難航した。火山とどう向き合うべきなのか。さまざまな証言を踏まえ、山岳県に突きつけられた課題に迫る。
    これより前の記事は、サイト内検索をご利用ください。時間の経過した記事は閲覧できない場合もあります。
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て