文字サイズ

    14衆院選 戦いの構図

     12月2日公示、14日投開票の衆院選に向け、県内でも立候補予定者の動きが本格化してきた。安倍政権の経済政策「アベノミクス」の評価が最大の争点で、現時点では5小選挙区に与野党の計18人が準備を進めている。各選挙区の顔ぶれを紹介し、情勢を展望する。
    • 5選目指す篠原 挑む3人(2014年11月27日)

       県都決戦には、2012年の前回衆院選と全く同じ顔ぶれの前議員3人が並び立つ。5選を目指す民主の篠原孝に、ともに比例で復活当選した自民の小松裕、次世代の宮沢隆仁に加え、共産の武田良介が挑む。 [全文へ]

    これより前の記事は、サイト内検索をご利用ください。時間の経過した記事は閲覧できない場合もあります。
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て