文字サイズ
    

    法隆寺 未来へ伝える

     「和の精神」を人々に説いた聖徳太子(574~622年)が亡くなってから、間もなく1400年を迎える。世界遺産・法隆寺(斑鳩町)には、その精神をかたちとして守り、次の世代へ伝えようとする取り組みが今日も続いている。法隆寺の未来へ向けた動きを追った。(柳林修、渡辺征庸)
    これより前の記事は、サイト内検索をご利用ください。時間の経過した記事は閲覧できない場合もあります。
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て