文字サイズ

    うどん学校の40年

     大阪の夜間中学での府外通学者受け入れ中止を受け、1976年に自主運営から始まった県内初の夜間中学。授業の合間にうどんを食べたことから「うどん学校」と呼ばれた春日夜間中学から、今年も学びを終えた生徒が巣立ち、1年間が終わる。多様な生徒を長年支えてきた<学びの最後の砦(とりで)>の今を紹介する。
    これより前の記事は、サイト内検索をご利用ください。時間の経過した記事は閲覧できない場合もあります。
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て