文字サイズ
    

    法隆寺‐太子道‐

     飛鳥時代、和の精神を説いた聖徳太子が行き来した道が今、「太子道(たいしみち)」と呼ばれて親しまれている。沿道には、ゆかりの寺社や伝承が息づき、太子を身近に感じ、恩人として慕う人々がいる。太子が創建した法隆寺(斑鳩町)は秋と冬、太子の足跡をたどる旅を続けてきた。道にまつわる歴史や人々の思いに迫った。
    これより前の記事は、サイト内検索をご利用ください。時間の経過した記事は閲覧できない場合もあります。
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て