文字サイズ

    高齢者免許返納 後押し

    • 太田署長(右)から受け取った証書を示す小山社長(奈良署で)
      太田署長(右)から受け取った証書を示す小山社長(奈良署で)

     ◇奈良署 会社に支援証

     お年寄りが運転免許証の自主返納をしやすい環境づくりに貢献したとして、奈良署は13日、奈良市大森町の福祉用具販売・レンタル業「小山」の小山新造社長(75)に「高齢者交通安全支援事業所の証」を贈った。

     小山社長は今年7月、免許証を返納。これを機に、同社の介護用品ショップ「カインドハウス」では今月13日から、自主返納者に交付される身分証明書の「運転経歴証明書」を提示すると、商品が2割引きで購入できるようにした。

     小山社長は「高齢者の免許の自主返納が広がれば、交通事故の減少にもつながるのではないか」と話した。

     証書を手渡した太田哲示署長は「(各種サービスなど)自主返納がしやすい環境づくりを進めていきたい」と語った。

     県内の65歳以上のお年寄りの事故件数は今年7月末現在897件(前年同期865件)となっている。

    2017年09月14日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て