文字サイズ

    「おてらおやつクラブ」NPO法人化

     寺院に集まるお供えなどを一人親家庭の子どもらに贈る活動を続けている「おてらおやつクラブ」(田原本町)が、NPO法人化した。同クラブは今後も活動を広げたいとしている。

     法人化は8月24日。同クラブは、お供えのお裾分けを通じて国内の貧困問題解決に貢献しようと、2014年に発足した。

     田原本町・安養寺の松島靖朗住職が代表を務め、9月12日現在、宗派を超えた全国751の寺院と281の支援団体が参加。菓子や果物などを毎月約350件発送し、これまで約9000人の子どもらが受け取っている。問い合わせは、同クラブ事務局にメール(mail@otera-oyatsu.club)か、ファクス(050・3488・0963)で。

    2017年09月14日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て