文字サイズ

    橿原市複合ビル 市役所分庁舎が開庁

    • くす玉を割って開庁を祝う市民ら(橿原市で)
      くす玉を割って開庁を祝う市民ら(橿原市で)

     橿原市が近鉄大和八木駅南側に建設した複合ビル「ミグランス」(地上10階、地下1階)のうち、1~4階の市役所分庁舎が13日、開庁した。

     午前8時15分から式典があり、森下豊市長は「長い時間がかかったが、ようやく完成したことを心から喜びたい。市民にとって便利で、生活に潤いを持たせてくれる場になれば」とあいさつ。訪れた市民らと一緒にくす玉を割った。

     分庁舎には、市民窓口課や保険医療課、子育て支援課など市民生活に直結する13課が集約され、4月からは市民限定でパスポートも交付される。住民票交付の手続きに来た市内の主婦(50)は「駅に近くて便利になった。明るい雰囲気で気持ちがいい」と話していた。

     ビル建設の総事業費は97億円。ほかに、会議や展示会などに有料で利用できる100人収容のコンベンションルーム(4階)、無料の展望施設(10階)、駐輪場(1階)、67台分の地下駐車場などを備える。5階より上は「カンデオホテルズ奈良橿原」(139室)が入り、15日に開業する。

    2018年02月14日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て