文字サイズ

    大阪観光 チャリで行こ

    • 自転車に乗ってミナミを観光するラリベルテさん(左)とフランマンさん(大阪市中央区で)
      自転車に乗ってミナミを観光するラリベルテさん(左)とフランマンさん(大阪市中央区で)

     今月、大阪・ミナミの街を、カナダから新婚旅行で来たダニー・ラリベルテさんと妻のクリスタル・フランマンさんが、レンタル自転車で散策していた。

     友人から聞いた美しい街並みを見たいと訪れた大阪で、自転車を観光の足として選んだ。「自転車はちょうどいいんだ。大阪は歩くと時間が足りないし、車だと急には止まれないしね」とラリベルテさん。

    • ハブチャリでは、係員が外国語で書かれた説明書を使って自転車を貸し出す(大阪市中央区で)
      ハブチャリでは、係員が外国語で書かれた説明書を使って自転車を貸し出す(大阪市中央区で)

     借りたのは、アメリカ村にあるシェアサイクル「HUBchari(ハブチャリ)」の拠点。ここを含め府内に15の拠点があり、元ホームレスらの係員が外国人利用者の質問に、英語、中国語、韓国語で書かれた紙を見せて対応している。

     運営するNPO法人「Homedoor(ホームドア)」の川口加奈理事長(26)がホームレスの就業支援にと2012年に始めた。

     外国語対応のホームページもあり、「利用者の約6割は外国人観光客」という。客の対応などを行う男性(57)は「外国人との雑談には身ぶり手ぶりで答えているよ」と笑った。

    • 建物内に自分の自転車が駐輪できる「チャリンコホステル大阪」(大阪市中央区で)
      建物内に自分の自転車が駐輪できる「チャリンコホステル大阪」(大阪市中央区で)

     大阪市中心部では今年5月、自転車愛好家が集まれる宿泊施設ができた。「CharinCo HOSTEL OSAKA(チャリンコホステル大阪)」(中央区)。

     自転車に詳しいスタッフが英語、ロシア語、中国語などで対応。パンク修理やブレーキの調整を行い、人気スポットへの走り方をアドバイスする。

    • フロント前の壁には、つり下げられたレンタル自転車が並ぶ(大阪市中央区で)
      フロント前の壁には、つり下げられたレンタル自転車が並ぶ(大阪市中央区で)

     これまでに45か国の人が宿泊しており、アメリカから来たというケイトリン・シスネロスさんは「初めての大阪だけど、彼と一緒に2人乗りできる自転車もあるし、楽しみ」と話した。

     府内を訪れる外国人観光客は昨年、940万8000人と過去最高を更新した。大阪の街を自転車でさっそうと駆ける外国人の姿は今後、さらに増えそうだ。(写真部 尾崎孝)

    2017年12月09日 05時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て