文字サイズ

    大阪科学館、きょう改装オープン

     最新の科学技術を紹介する大阪科学技術館(大阪市西区)が展示内容を改装し、14日、内覧会が開かれた。深海を調べる調査船についての解説パネルや古代魚チョウザメなどの展示が新しくなった。新企画として研究者による化学実験ショーも始まる。15日から再オープンする。

     同館は、科学技術の開発に取り組む27の企業や研究機関が出展し、2年に1回、展示内容を改装している。今回は、全29のブースのうち13ブースで展示内容を一部変更するなどした。深海調査船の解説パネルのほか、水槽内で泳ぐチョウザメ、蒸気タービン発電や焼却炉の模型などが新しくなった。

     入館無料。問い合わせは同館(06・6441・0915)へ。

    2017年07月15日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て