文字サイズ

    県産品と人気ゲームコラボ 来月末まで「佐賀ット商店」

     人気格闘ゲーム「ストリートファイター2」(スト2)と県が連携した企画「ストリートファイター佐賀」の商品を扱う「佐賀ット商店」が13日、佐賀市の佐賀バルーンミュージアム内にオープンした。3月31日までの期間限定で、ゲームのキャラクターにちなんだ14種類の県産品を販売する。

     企画は、県の情報発信事業「サガプライズ!」の一環で、近年、県とタイの関係が深まっていることにちなみ、タイ出身のゲームキャラクター「サガット」を観光大使に任命。1月22~28日には東京・銀座に「佐賀ット商店」を開いた。30~40歳代の男性を中心にファンが訪れ、土日には入場整理券を配布して最大3時間待ちに。日本酒やようかんが売り切れるなど好評だったという。

     今回は、同ミュージアムの土産物店「佐賀工房」内に開設。キャラクターを描いた有田焼やノリ、嬉野茶などの県産品を販売する。価格は300~8000円。

     会場では、25年ほど前に発売されたスーパーファミコン版のスト2のゲームを体験することもできる。土産物店の運営会社の吉原成子社長が親戚から譲り受けて偶然持っていたもので、小中学生の子どもが今も遊んでいるという。

     県広報広聴課は「スト2のキャラクターを通じ、県産品との新しい出会いにつながれば」としている。

    2018年02月14日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て