文字サイズ

    激流・ポスト嘉田の行方

     無所属の3新人が争った知事選は、前民主党衆院議員の三日月大造氏(43)が新知事の座をつかんだ。民主の実質支援を受けた三日月氏は、自民、公明の推薦を受けた元経済産業省職員の小鑓隆史氏(47)を相手に約1万3000票差の接戦を制した。序盤は劣勢が伝えられていた三日月氏。それをはね返す“激流”はどのように生み出されたのか、探る。
    これより前の記事は、サイト内検索をご利用ください。時間の経過した記事は閲覧できない場合もあります。
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て