文字サイズ

    ビワイチだけじゃない!! 守山発着 自転車の旅

    • 自ら監修したサイクリングマップを紹介する三船さん(守山市で)
      自ら監修したサイクリングマップを紹介する三船さん(守山市で)

     ◇三船さん監修 マップ発行

     ◇景観抜群 お薦め6ルート

     自転車のプロロードレーサーとして欧州などで活躍した三船雅彦さん(48)(大阪府枚方市)が、守山市の依頼で監修したサイクリングマップが発行された。走りやすさと景観の良さでお薦めの6ルートを紹介し、「琵琶湖を1周する『ビワイチ』が注目されているが、それだけではないルートも楽しんで」とPR。マップは雨や汗にも強く、折り畳めばポケットに収まるサイズで、サイクリストの頼もしい味方になりそうだ。(名和川徹)

     三船さんは京都府城陽市出身。高校卒業後にオランダへ自転車留学しプロ登録、国内外で活躍した。2008年の引退後も自転車メーカーやイベント運営などのアドバイザーを務める。

     高校時代から滋賀県に度々自転車で訪れ、ビワイチは通算100回を超えるという三船さんに、守山市が「守山を起点に、安全に楽しく走れるルートの提案を」と依頼。今夏に枚方市から毎週訪れ、自転車で走りながらルートの選定を行った。

     ビワイチのほかに推奨しているのは守山発着で、彦根や高島、信楽方面などを回る全長各約100キロのルートと、京都・山科から守山に向かう約44キロの計6ルート。高低差や走りやすさなどから上級、中級、初級とクラス分けもした。

     それぞれのルートには彦根城や白鬚しらひげ神社などの観光地や飲食店なども紹介。三船さんの「のんびりとした気分のサイクリングに適している」「景色に気を取られ過ぎて危険のないように走行にはくれぐれも注意」などのワンポイントアドバイスも参考になる。

     マップ上のQRコードをスマートフォンで読み取ると、三船さんが走行中にヘルメットに付けたカメラで撮影した動画などを見ることができる。三船さんは「自然や歴史・文化など、走るたびに新たな魅力を感じます」と話している。

     広げたサイズはA2判で両面印刷。防水加工を施した。京阪神地区を中心にスポーツ自転車店などで配布。問い合わせは、守山市地域振興・交通政策課(077・582・1165)へ。

    2017年11月11日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て