文字サイズ

    スシロー やっと回ってきた

    • 開店を控えた「スシロー出雲小山店」(出雲市小山町で)
      開店を控えた「スシロー出雲小山店」(出雲市小山町で)

     ◇出店 47都道府県で最後

     ◇出雲に28日 県産メニューも検討

     回転ずしチェーン「あきんどスシロー」(本社・大阪府)は12日、47都道府県中、唯一出店していなかった県内での1号店を、出雲市小山町の国道9号沿いに今月28日にオープンすると発表した。同社によると、国内では474店舗目。

     スシローは1984年、大阪府豊中市に1号店を開店以来、国内外で480店舗(12日現在)を展開。主力は1皿2貫で100円(税別)だが、素材の鮮度にこだわり、2016年9月期の売上高は1464億円だった。

     「スシロー出雲小山店」は延べ面積389平方メートル。座席数は196席で競合店となる「無添くら寿司ずし出雲店」(出雲市渡橋町)と同じだが、駐車スペースは約2倍の97台分を用意した。

     新店舗開店を機に、全国の店舗で、出雲発祥とされる「ぜんざい」や県産のシジミやあごだしを使ったラーメンなどの提供を検討しているという。

     同社は、鳥取県には08年5月の初出店以降、3店舗を展開している。島根への出店が遅れた理由について同社は「良い場所を探しているうちに、最後になってしまった」と説明。メインターゲットである郊外に住む家族が車で来やすい国道沿いで、十分な駐車スペースが取れる場所の確保に手間取ったとした。

     この日、県庁に溝口知事を訪ねて出店を報告した同社の水留浩一社長(49)は、「最後の出店になってしまい、すみません」とあいさつ。溝口知事は「名誉あることじゃないですか」と笑顔で応じていた。

    2017年09月13日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て