文字サイズ

    青めのうイメージ菓子

     ◇玉造温泉街で限定販売へ

     山陰銘菓「どじょう掬(すく)いまんじゅう」などを手がける菓子製造販売会社「中浦食品」(松江市東出雲町)は2月下旬から、玉造温泉(同市玉湯町)周辺で産出した「青めのう」をイメージした菓子「抹茶小餅~勾玉(まがたま)の心~」を同温泉街限定で販売する。

    • 玉造温泉で発売される「抹茶小餅」
      玉造温泉で発売される「抹茶小餅」

     ミルククリームを求肥(ぎゅうひ)で包んだ菓子。クリームと求肥の両方に、出雲市産抹茶の粉末を練り込み、抹茶の風味を際立たせた。青めのうで作った勾玉を連想させるエメラルドグリーン色になっている。

     6個入りで300円(税別)。玉造温泉の旅館や店舗での限定販売の予定。中浦食品の担当者は「玉造温泉や松江、出雲をPRできる銘菓にしていきたい」と話している。

    2018年02月14日 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て