文字サイズ

    緩和ケア~がんと生きる

     日本人の2人に1人ががんを発症する時代で、県内でも1982年以降、がんは常に死因の第1位だ。そんな状況で注目されているのが緩和ケア。痛みなどの苦痛を和らげ、がんと共存しながら「生活の質=クオリティー・オブ・ライフ」(QOL)の維持・向上を目指す医療だ。県内の緩和ケアの現状と課題を探った。
    これより前の記事は、サイト内検索をご利用ください。時間の経過した記事は閲覧できない場合もあります。
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て