文字サイズ
    

    広重が見た 富士

     富士山が「信仰の対象と芸術の源泉」として世界文化遺産に登録されて1年たった。この夏も登山客でにぎわう美しい独立峰は、200年前の江戸後期も同じように人々を魅了していた。その姿を鮮やかな錦絵で現代に伝えた歌川広重。県内を舞台にした風景画を数多く残し、国内外の芸術家に影響を与えた奇才に迫る。(随時掲載します)
    これより前の記事は、サイト内検索をご利用ください。時間の経過した記事は閲覧できない場合もあります。
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て