文字サイズ
    

    忘れない静岡大空襲

     あの夜から70年――。1945年6月19日深夜から翌20日未明の「静岡大空襲」で、米軍のB29爆撃機が落とした焼夷(しょうい)弾により静岡の市街地は火の海と化し、焼け野原になった。空襲を生き延びた人たちは、忘れられない記憶を抱えながら、年月を重ねた。あの時、彼らが見た光景とは、どんなものだったのか。今、後世へ伝えたい思いとは――。
    これより前の記事は、サイト内検索をご利用ください。時間の経過した記事は閲覧できない場合もあります。
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て