文字サイズ

    箱根企画

     正月の風物詩「第92回東京箱根間往復大学駅伝競走」(箱根駅伝=読売新聞社共催)には、本県関係では函南町出身で、東京大1年の近藤秀一さん(20)が関東学生連合チームの一員に選ばれた。東大の選手が箱根を走れば11年ぶり。ケニア人留学生で、日本大4年のダニエル・ムイバキトニーさん(21)は三島市で練習を積み、5区の「山登り」に挑む。浜松市出身で、早稲田大4年の山下尋矢(ひろや)さん(22)はマネジャーとして選手を裏方から支える。箱根に懸けるそれぞれの思いを追った。(笹村直也)
    これより前の記事は、サイト内検索をご利用ください。時間の経過した記事は閲覧できない場合もあります。
    PR
    今週のPICK UP

    理想の新築一戸建て